変形性膝関節症

そのお悩み「変形性膝関節症」かもしれません

ふたば鍼灸整骨院のスタッフ
  • 階段の昇り降りがつらい
  • 旅行に行きたいが痛くて諦めている
  • このままだと歩けなくなるような気がして不安
  • 病院では手術しかないと言われている
  • 病院に行っても注射や薬ばかりで治るか不安

変形性膝関節症とは、膝の関節を作っている太ももの骨(大腿骨)、すねの骨(脛骨)、いわゆるお皿の骨(膝蓋骨)の骨や軟骨が、変形し、すり減って生じる傷病です。

膝周辺の痛み、可動域の減少・制限が主な症状です。

急性期には、寝ていても痛んだり(夜間痛)やじっとしていても痛んだり(自発痛)、いわゆる『水がたまる(水腫)』の原因にもなります。

治療は、『膝を支える筋肉の柔軟性と筋力の向上』となります。

お尻や太ももの筋肉が固くなる(身体を支える重要な筋肉なので、負担が大きい)

膝を支える力が弱くなり、不安定になる

膝の関節の骨への負担が増える

関節や筋肉に炎症が起こり、強い痛みや水がたまる

関節の軟骨がすり減る、安定感を出すために関節が変形してくる

膝は太ももやお尻の筋肉に支えられているので、 筋肉が弱くなってしまうと、膝への負担が大きくなります。

筋力をしっかりさせて、膝への負担を減らしてあげることが大切です。

ふたば鍼灸整骨院の「変形性膝関節症」に対する施術

炎症・痛みに対してはハイボルテージ・鍼を行い、筋肉が固まり関節の可動域が悪くなることに対しては、筋膜リリースで、関節可動域を向上させます。

膝にかかる負担の根本原因は、姿勢にあり骨盤や骨盤を支えるインナーマッスルが関与しているので、骨盤矯正や、インナーマッスルを鍛えることができる楽トレと言う機械を使って、根本的な改善を目指します。

ハイボルテージ

膝のハイボルテージ治療

電流の刺激で組織を活性化して自然治癒力を高める働きがあり、痛みを緩和したり、炎症を早く落ち着かせる効果があります。

楽トレ(インナーマッスル強化)

楽トレ

楽トレは、複合高周波という特殊な電気で効率的に インナーマッスルを鍛えることができます。

膝に痛みがある方だけでなく、体幹を鍛えたいすべての方にお勧めです。

ネットでかんたん予約

数ある接骨院の中から 当院が選ばれる理由

01

通いやすい接骨院です

院の外観

JR東戸塚駅 東口 徒歩5分なので、アクセス抜群です。

夜は 20時まで営業しており、お仕事帰りにもお気軽にお立ち寄りいただけます。

土曜・日曜・祝日も空いているので、『平日は通院できない』という方にもお喜びいただいております。

02

痛みが再発しない
カラダ作りをサポート

健康教室の様子

全国に39店舗以上展開するさくらメディカル整骨院グループでは、地域で年間1,000回以上の健康教室を開催しています。

整骨院で症状が改善したあとも健康を維持していただくため、ストレッチやセルフケアの指導を行っています。

健康教室の様子

このページは 鈴木 拓・冨塚 善紀 が監修しました

さくらメディカル株式会社 代表取締役 鈴木拓

代表取締役 鈴木拓
  • 柔道整復師(厚生労働省認可、国家資格)
  • 一般社団法人みらい 理事(外部サイトにリンクします)
  • 「財団法人横浜市スポーツ振興事業団 横浜市体育協会」にて、指導員として、地域の方へ運動を通じた健康づくりに従事
  • 2005年、さくら鍼灸整骨院を神奈川県横浜市に開業
  • 現在は、神奈川県・東京都・千葉県・宮城県・愛知県に 39院の整骨院と神奈川県内に4店舗の児童デイサービス、高齢者リハビリデイサービスを展開

さくらメディカル株式会社 冨塚 善紀

冨塚 善紀
資格取得
  • あん摩マッサージ指圧師:2004年7月12日
  • 鍼灸師:2004年7月12日
  • 柔道整復師:2007年3月27日
職歴
・ふたば鍼灸整骨院 2009年2月~2011年8月
・あゆみ鍼灸整骨院 2011年9月~2022年9月
・さくら鍼灸整骨院 2022年10月~